STEP1対策①~お勧めの教材①~

STEP1対策

まずは勉強方法から!

ハイ!ナイストゥニーチェ!超人瀬嵜です。すいません。台風でどこもいけないからおかしくなりました。

さて、いよいよ教材の紹介をしていきます。「はよしろ」という声が聞こえてきそうですが、着実に進めていくので焦らないでお付き合いください。

文章が長くなることが予想されるので何回かに分けて紹介していくつもりです。

ではお楽しみください。

*「最近はこんな参考書が流行っているよー」なんて意見があれば是非教えて下さい。

*以下マニュアルを抜粋・修正

ここでは、USMLE STEP1の受験に必要な教材や模試等を紹介していきます。これら教材の紹介は僕の主観に基づいてますので、人によっては評価が分かれるかもしれません。そのため、ここでの紹介はあくまで参考程度に留めて頂き、各自でよく吟味してから教材を選択してください。 

 ◎実際に使用した教材 

参考までに最初に僕が実際に使用した教材を以下に列挙します。必ずしも洋書ではありません。右に使用した期間(本番は2011.4.30。)を記します。途中で使用中止したものもあります。順番は開始した時期が早いものほど上にしました。 

・解剖トレーニングノート:2008.3~2011.4 

・Robbins:2008.5~2010.3 

・Year note:2009.9~2011.4 

・FIRST AID 2009:2010.1~12 

・FIRST AID Q&A:2010.1~7 

・Kaplan Qbook:2010.1~10 

・NBME self assessment(以下NBME SA)6:2010.7 

・LANGE Q&A:2010.8~12 

・BRS Behavioral science:2010.8~2011.4 

・USMLE WORLD:2010.9~2011.1 

・Lippincott Biochemistry(日本語版):2010.9~10 

・NBME SA 1:2010.9 

・Clinical Microbiology Made Ridiculously Simple:2010.10 

・NBME SA 2:2010.12 

・FIRST AID 2011:2011.1~4 

・USMLE WORLD self assessment 1(以下UWSA):2011.2 

・Kaplan Qbank :2011.2~2011.4 

・BRS Biochemistry:2011.3 

・NBME SA 7:2011.3 

・UWSA 2:2011.4 

・NBME SA 11:2011.4 

・NBME SA 12:2011.4 

・USMLE sample test 2011:2011.4 

以上です。これは参考程度にしておいてください。 

◎教材の紹介~☆の数で重要度を示す~

①FIRST AID(FA) 

FAに関してはもはや語るに及ばず。STEP1受験者のバイブルです。試験ではFAに掲載されていることからしつこく出題されるため、このFAの内容を全て覚えるのがハイスコアへの近道です。しかし、FAには掲載されていない知識も問われるので、その都度余白に書き込んでください。FAは本番で出題された問題を基に毎年改訂されるので、その都度購入することをお勧めします。僕は2009年版と2011年版を使用しましたが、たった2年で内容は大きく変更されていました。ボロボロになるまで使い込みましょう。

重要度:★×3億 

②FIRST AID Q&A(Q&A) 

これからSTEP1を始める人はこの問題集から始めましょう。問題が約1000問掲載されており、科目別のパートと臓器別のパートに分かれています。難易度は高すぎず、ベーシックなものは殆どです。また、FAに対応しているため調べやすいのも長所です。この問題集が終わったらオンライン問題集に移行していきます。

難易度   :★★☆☆☆ 

マニアック度:★☆☆☆☆ 

重要度   :★★★★★ 

Robbins 

 

山形大の新3年生の多くが初めて手に取る「英語」の医学書です。Robbinsと言えば病理学の中でも最も定評のある教科書であり、それに対応するのがこの問題集です。内容は病理学の問題が約1500問収録されており、この本一冊でSTEP1の十分な病理対策になるでしょう。実際に僕は改訂される前のversionを一冊解き終え、病理学が得点源になりました。では、Robbinsの参考書も買うべきかとなると、あまりお勧めできません。何故ならあまりに膨大な量であり全て読み切ることは難しく、病理学だけにそこまで時間は割けません。コストパフォーマンスが悪いです。なので、参考書はFIRST AIDにとどめておきましょう。敢えてこのRobbinsを選択する理由はそのとっつきやすさにあります。難易度がそれほど高くなく、病理学は内科学に近いので日本人にとって抵抗が少ないようです。 またSTEP1では病理学が一番出題されやすいので、低学年のうちにしっかり病理を対策しておくのはリーズナブルな戦略でしょう。

難易度       :★★★☆☆ 

マニアック度    :★★★☆☆ 

重要度       :★★★☆☆ 

 その②:引き続きお勧め教材はここから

STEP1対策②~お勧めの教材②~
お勧め教材①はここから! ハイ!ナイストゥミーチュウ!Dr.セザキングです。台風で電車も止まっちゃうようですね。家で寝なさいということか。 では今回も引...

 

こちらにSTEP1対策に関してまとめたのでこちらもご覧ください!

USMLE STEP1対策・勉強法のまとめ

コメント

  1. […] お勧め教材①はここから! […]

  2. […] ★STEP1のこと教えろください:STEP1の記事はここから。 お勧め教材など載っています。 […]

  3. 池田 より:

    はじめまして。現在医学部を卒業し、usmleを受験してみようと考えているものです。楽しく本サイト見せていただいてます。
    書類審査について質問があります。私は過去にスピード違反で罰金になってしまっているのですが、米国の試験は受けられるのでしょうか?また米国の医師免許は取れるのでしょうか?
    よろしければ回答お願いします。

    • Dr.瀬嵜 Dr.瀬嵜 より:

      コメントありがとうございます。
      正直詳細な回答は難しいところですが、書類審査ではECFMGと医学部間でのやりとりに終始しますのでそこで懲罰の有無は問われないかと思います。
      しかしこれまでにそのような事例は知らないので「恐らく大丈夫」としか言いようがないです。
      また罰金と反則金は違うと思いますし、仮に反則金であれば刑事処分とはならないので全く問題無いかと思います。
      中途半端な回答で申し訳ありません。