対策⑪:新オンライン問題集:AMBOSSの紹介【STEP1】

STEP1対策

新オンライン問題集「AMBOSS」

挨拶

ハイ!ナイストゥミーチュ!Dr.瀬嵜です。

梅雨ですね。いよいよ今週末に慶応の講演会が迫ってきました。過去最大の130人超えの参加予定にやや震えております。キャンセル待ちとかアイドルのコンサートかいなっていうね。

どうなんだろう。みんなそんなにUSMLEに興味あるのかな。それとも変な生き物を見に来るのでしょうか。上野にパンダが来た時みたいな感覚ですかな。笑

さて、話を本題に。今回紹介するのはUSMLE受験を大きく変えるかもしれない問題集の紹介です。

AMBOSSの紹介

AMBOSS

この問題集のことを聞いたことがある人はまだ少ないかもしれませんが、アメリカではかなりポピュラーになってきている問題集なようです。今回はあえて「STEP1対策」の項目に入れましたが、実際にはAMBOSSは全てのSTEP(CS対応とあるが実際には教材は見つからない)に対応しております。

AMBOSSは全てのSTEPに対応!!!

AMBOSSの構造

このAMBOSSはオンライン問題集だけではなく、Libraryといって教科書的なコンテンツも含んでおり調べたいものを詳しく知らべることができます。

オンライン問題集はSTEP1と2CKに主に対応しており、各2000問強の問題が載っています。STEP3はまだ準備中とのことですが、既に400問程は掲載されているようでした。色々なカスタマイズができるのは他の問題集と同様です。

AMBOSS=オンライン問題集+Library

AMBOSSの特徴

実際にこのAMBOSSを使ってSTEPに合格した人はあまり聞いたことがないので情報の正確性はあまり高くありませんが、現時点で把握できているAMBOSSの特徴は以下です。
・CKにおいては合格者の平均スコアはAMBOSS未使用で243に対してAMBOSS使用者では258と15も差がある。
・全STEPに対応しており、一度購入すると全STEPの問題集が解ける
・5日間の無料トライアルがあるため体験できる。
・問題の難易度が全体的に高めであるためUW後にやるのが望ましいか。

実際にAMBOSSをやってみた

結局、実際にやってみないとよく分からないので無料トライアルを体験してみました。いじってみたり、問題を3問だけ解いてみましたが、確かに問題の難易度は高めです。STEP1系の問題で、精神科の分野ですら歯が立たない問題がありやや面を喰らいました。しかし、枝葉末節なことを問うているのかと言えばそうでもなく重要なんだけど見落としがちな感じの良問という印象を受けました。
以前の記事で紹介したように、CKはスコアが水物感がありますが、このAMBOSSの使用により、
ハイスコアをもう少し確実に狙えるようになるかもしれません。
ハイスコア狙いの人にはAMBOSSはかなりお勧め

まとめ

正直AMBOSSは中々良い印象です。もし僕が受験生に戻ったら確実に完璧にしにいくと思います。STEP1対策であれば、Rx➡UW➡AMBOSSという難易度順にこなしていくような気がします。

ということで、時間に余裕がある方は是非いじってみてください。価格もUWほどは高くない思います。いやぁどんどん良い教材が出てきますね。

スマホもWifiもない時代とは全然違いますね。(笑)

今じゃ考えられんな。当時福島県立医大の学生全員にiPadが配られたと聞いた時に情報が近未来的過ぎてピンとこなかったもんな。

当時、ガラケーよ。スタバにWifiが無い時代よ。

というわけここで終わり。しーや。

コメント

タイトルとURLをコピーしました