対策⑥:FIRST AIDの使い方【STEP1】

STEP1対策

FIRST AIDの使い方をご紹介

今日もコメダ珈琲にこもり講演会のスライド作りをしていました。コメダってシロノワールばかり有名ですけど、個人的にお勧めなのがソフトクリーム。400円以上するから、なんでこんなに高いんやと思っていましたが注文したら謎がとけました。なんかバカでかい。絶対コーンにのらないだろうというアイスの量。しかも珈琲チケットまで使えちゃう。お試しあれ。

さてこれまでにSTEP1対策に必要な教材を紹介してきましたので、今回はFIRST AID(以下FA)の具体的な使い方を紹介しようと思います。

STEP1はFAに始まりFAに終わります。

正しい使い方を確実に覚えていってください!では始めます。

スポンサーリンク

1)FAの使い方

先にも述べましたが、大事なことなのでもう一度説明します。

問題を解き進める過程で知らない知識に幾度も遭遇していきます。そこで、その疾患名やkeywordを利用して、FAの中でその内容に該当する部分を探しだし、その該当箇所を読みます。

次に問題の解説に書いてあることがFAに書いていない場合は、その不足している部分の知識をFAに書き込みます。余白が無くなるくらいまでどんどん書き込んでください。

ワンポイントアドバイスとして書き込む時には芯の細いボールペンで書き込むことをお勧めします。とにかくいっぱい書き込むことになるので細いボールペンが重宝します。僕は0,28mmのボールペンを使っていました。

また、FAに全く載っていないような疾患も問題集では出題されることがあります。その場合は、ノートを作ってそちらに書き込むか、FAの余白に書き込むかどちらかでしょう。以下の僕のFAの一部を乗せておきます。参考にしてください。

Figure5 Dr.瀬嵜のFA
Tao Le and Vikas Bhushan, First Aid for the USMLE Step1 2011:A Student-to-Student Gide, (McGraw-Hill Education, 2011), p.301,371

こんな感じです。当時のFAには手根骨の情報が殆ど掲載されていませんでした。そのため自分で上の画像のように「手根骨コーナー」を作りそこに情報をまとめていました。

大事な情報は全てFIRST AIDの余白に書き込むこと!

あとは自分にとってベストな書き方を追求していってください。

次回はまとめノートのついてお話をしていきますね!

対策⑦:まとめノートの作り方【STEP1】
まとめノート さてさてまだまだネタは無尽蔵にありますのでどんどん出していきますよ。 今回は非常に質問の多いまとめノートの作り方です。 では...

今日小倉トーストなんて食べてないですよ!ほんとですよ!

 

こちらにSTEP1対策に関してまとめたのでこちらもご覧ください!

USMLE STEP1対策・勉強法のまとめ
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 次回はFIRST AIDの使い方をお伝えします。 […]

タイトルとURLをコピーしました