対策④:お勧めの教材④【STEP1】

STEP1対策

教材の紹介④

紙の参考書はこちらから!

ハイ!ナイストゥミーチュウ!Dr.瀬嵜です。この三連休を利用してできる限り重要な情報をみなさまにお届けしていくつもりです。

では久々のSTEP1対策の記事となります。これまでは紙媒体の参考書を紹介してきましたが、今回の記事ではオンラインで使えるものを紹介します。

ではお楽しみください。

スポンサーリンク

STEP1対策

1) USMLE WORLD

もはやSTEP1対策の王道に登りつめたUWです。これを避けては通れません。Q&Aと同様に必須教材です。オンライン問題集の最大の特徴は、UPDATEが頻回なことです。どんどん問題が削除・追加されていきます。PCで勉強できるため、自分で問題をカスタマイズできるのもメリットでしょう。(例えば、問題数や科目を指定できる。その他にも様々な機能があります。)UWには2000以上の問題が掲載されており、中には難しい問題もありますが概して質は高く、重箱の隅をつつくような問題ばかりでなく思考力を問う問題が多いように思えます。また、見た目も本番そっくりに作られています。分からない問題が無くなるまでやりこみましょう。本番では、数は多くありませんがAudioを使った問題が出題されます。(具体的には心雑音や呼吸音など。またParkinson病の手の振戦などの動画の問題もある。)UWでもAudioを使った問題が出題されるので練習になります。UWを終えると、3-digit scoreが30程上がると言われています。実際に僕は30くらい上がりました。他の受験生もみなスコアを伸ばされているようです。

UWORLDを完璧にするとスコアが30UP!

ちなみオンライン問題集の料金は使用期間により異なってきます。参考までに、2018/06/14現在の料金を載せておきます。

1か月:$229  3か月:$279

2) Kaplan Q Bank

言わずと知れたKaplanのオンライン版問題集です。昔はオンライン問題集がKaplanしか無かったため皆これをやっていました。今ではUWに完全に押されてしまっています。UWに比べて思考力を問う問題が少なく、やたらマニアックなことを聞いてきます。UWではカバーできていない範囲からの出題もあるのでやる価値はありますが、全2300問もあるので結構大変です。しかも、納得できない解説も散見されたりしたのでフラストレーションがたまりました。特に行動科学の分野はやたら難しく、UWで行動科学の正答率66%だったのに、後にやったQ bankで51%と激減し、それはもう萎えました。それ以外の分野はさすがにQ bankのほうが正答率は高かったのですが。UWが終わり、まだ2か月くらい時間的余裕があって250以上を狙う人であれば手を出してみるのも手かもしれません。Q bankでも、もちろんAudioの問題が出題されます。さらに、解説の中にたまにKaplan講師による解説授業動画が組み込まれていることがあります。リスニングに自信のある方はどうぞご利用ください。

参考までに料金載せます。

1か月:$99 12か月:$199

スポンサーリンク

3) USMLERx

三つ目のオンライン問題集です。FAと完全対応しており非常に勉強しやすいです。オンライン問題集の中では比較的簡単であるため、Q&Aを終えた後に初めてのオンライン問題集として勉強してみることをお勧めします。その後、UWに移行するのが最近の主流です。

1か月:99$ 3か月:149$

4) FIRECRACKER

受験生から非常に定評のあるアプリであるFirecrackerを紹介します。勉強アプリの一種で、登録すると毎日課題が与えられます。それを日々こなしていくだけですが、内容はUSMLE形式の問題もあれば一問一答のような問題もあります。問題にレートを付けることができ、間違えてしまったような重要度の高い問題は後日何度も出題され、完全に記憶に定着するまで繰り返し解くことになります。最初の1か月は無料のお試し期間があります。これを使っている人のSTEP1の平均スコアは240を超えているようです。

僕の後輩で3年生の時にこれだけを1年間解き続けた人がいましたが、彼は3年生の後半に模試を受けて210近いスコアを叩きだしました。250超えを狙う方は是非挑戦してみてください。これをするとしないとでスコアは20も違うと言われています。

スポンサーリンク

5) Pathoma

Pathomaでは病理の教科書をベースとした様々な動画による授業を受けることができます。STEP1では病理学に関する問題が多く出題されるため、Pathomaを勉強することで病理が得意となり、またスコアアップにもつながると思います。しかし、授業はもちろん英語で行われるためある程度のリスニング力が必要となります。また量もかなり多いので全部を網羅するのは大変かもしれません。リスニングに自信があり、かつ問題集も終えて余裕がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

以上になります。

近年のUSMLEはオンライン問題集をいかにこなすかということが非常に大事になっています。

「やはりオンライン問題集はやるべきでしょうか?」

超スーパー当然です!絶対絶対やってください。

オンライン問題集は絶対にやること!

購入する際には復習する時間も考慮した期間で購入するのがいいです。

では次の記事では模試についてお伝えします!

対策⑤:絶対に模試を受験すべき【STEP1】
STEP1対策⑤~模試のススメ~ ハイ!ナイストゥミーチュ!Dr,瀬嵜です。さぁどんどんいきます! 現在ワークショップの準備もしていますが、STEP2C...

 

こちらにSTEP1対策に関してまとめたのでこちらもご覧ください!

USMLE STEP1対策・勉強法のまとめ
スポンサーリンク

コメント

  1. […] とりあえずここで切りますね!次回からはオンライン問題集を紹介していきます! […]

タイトルとURLをコピーしました