対策⑫:FAは毎年買うべきか【STEP1】

STEP1対策

STEP1対策⑫

セザ本のこと

ハイ!ナイストゥミーチュー!セザキングです。「セザ本」がびっくりするほど好評で嬉しい限りです。何とベストセラー1位を継続しています。USMLEの情報がメインであるように見えて、実はUSMLEに縁が無い方でも楽しめる構成になっております。USMLE受験するかどうか悩んでいる方はもちろん読んで頂きたいですし、英語に興味のある方も是非手にとってほしいです。本書の特徴は極めて戦略的にUSMLEという試験の大ボスを倒すことにあります。英語が苦手な人がどう立ち回るか、それを究極に突き詰めた内容となっております。この戦略の立て方はUSMLE以外の試験勉強にも通じるものなので是非吟味して頂けたらと思っております。

告知:【セザ本】本日発売です!なんと・・・Amazonで品切れ!?
「セザ本」出版記念告知! ※早速、Amazonで在庫切れになっているようなので現在購入可能なサイトを以下に貼りました。 ハイ!ナイストゥミーチュー!セザ...

 

FIRST AIDは毎年買うべき?

さて、今回は極めて「USMLE的な」内容の記事をお届けします。毎日色々な質問を受けますが、その中でも「FISRT AIDは買い替える必要があるのか?」という内容のものが目立ちますので、それに対する回答をこの記事で替えさせて頂きたく思います。

 

FIRST AIDは毎年買い替えるべきですか?

 

 

答えはYesです。その理由について言及していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

FIRST AIDとは何か?

さて、そもそもFIRST AIDとは何か?というところからお話をしましょうか。本ブログの読者であれば誰もが知っていると思いますが、FIRST AID(以下FA)と言えば、USMLE受験のTHEバイブルというべき存在であり、特にSTEP1受験はFA抜きに語ることはできません。僕自身も、STEP1でハイスコアを取りたいのであれば、「FAを丸暗記する」という戦略をお勧めしています。それほど、FAに掲載されている知識はどれも重要であり、試験本番で求められるものということです。

FAは誰が作っているのか

さて、ここからの情報は御存知ない方が多いと思います。まず、FAは誰が作っているのか、という話ですが、実はFIRST AID Teamというそのまんまの名前のチームが作っているようです。

公式HPから分かることとしては、

毎年、何千人もの医学生から情報を収集している
・STEP1でハイスコアを取った学生が執筆し、専門家が内容を確認している

他にも色々書いてありますが、大事なpointはこの2点になります。つまり、「毎年!」「学生が!」書いているという点が超大事で、言ってしまえば、医学生が一所懸命本番で暗記してきたものを、このFAに吐き出しているということです。

ということは、FAは過去問の集合体のようなもので、FAを暗記することがそのままハイスコアに直結するというわけです。ちなみに、このFAは日本のイヤーノートとは全然立ち位置が違います。イヤーノートも国試に出題された知識の詰め合わせですが、その厚さを一見しても分かる通り、これを丸暗記することはほぼ不可能です。少しずつ厚くなっていること自体はFAも同様ですが、FAのほうが効率よく出題されなくなった範囲がそぎ落とされている印象を受けます。一方で、イヤーノートはどんどんと新たな知識を上乗せしている印象であり、あまりスマート化はされていないようです。そのため、イヤーノートはあくまでも辞書的な立ち位置になります。(決してイヤーノートの存在を否定するものではなく、ただ用途が違うということです。)

勉強方法総論②~USMLE勉強大鉄則2つ①!(全ての勉強に有効)~
ハイ!ナイスショット!Dr.瀬嵜です。 この記事を見る前に絶対読んでくださいね ハイ!ナイスショット!Dr.瀬嵜です。さぁ恐らく皆さんがお待ちかねの...

FAは辞書?読み物?

さらに、一見するとFAも辞書のように見えますが、特にSTEP1に関しては思考プロセスを重視した記載になっています。これは初学者では気づけないことかもしれませんが、勉強すればするほど、FAの知識同士が密につながっていることに気付きます。そのため、何千問を解き終えると、最初は辞書のような存在だったFAがいつのまにか「読み物」に変わっていることに気付くのです。だからこそ、ほぼ「丸暗記」が可能になるということです。

では、そんな読み物であるFAは「毎年」学生によって、知識が切り貼りされます。出題されない範囲は削除され、新たに出題されるようになった範囲は追加されるというわけです。しかも、これらの作業は「学生」によって行われます。つまり、新たにFAに追加された知識は、この1年間で実際に医学生が受験をして遭遇した知識である可能性が高いということであり、当然ながら今後受験する人達は押さえておくべき知識ということです。

結論:毎年買おう・・・!

であれば、可能な限りFAは毎年購入すべきです。「折角書きこんだのに」と思う気持ちも分かりますが、そこは労を惜しむべきではないと思います。僕個人の話をすると、2009年という古文書を購入し、2010年より勉強を開始しましたが、2011年度版に買い替えをし、2週間かけて新しいものに知識を書き写しました。

非常に労を要する作業ではありますが、ある程度勉強を進めてから改めて勉強開始当初の書き込みを見ると、「何でこんなものを書きこんだのだろう」と思うようなものばかりであり、徐々に書きこむスペースがなくなっていきます。そこで、新しいFAに必要な分だけの知識を書きこむことで、これまでの知識が整理されて、FAにも新たに書きこむスペースができ、さらにどこが追加されて、どこが削除されたのか把握ができるということになります。

可能であれば新たなFAに知識を書き写そう

以上の理由から、FAは毎年買うべきです。絶対にケチるべきではないです。また、これはSTEP1に限った話であり、それ以外のSTEPはそもそも毎年改定されないので話が別になります。

ということで、今回はここまで。これ以外にも同じような質問がたくさん来ていますが、殆どはブログに書いていますので是非通読してくださいな。

では、しーや。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました