合格体験記~STEP2CS⑮:あなたは発した言葉に必ず出会う 言葉は神なりき~

合格体験記

Dr.瀬嵜です!

現在、佐賀講演会の募集中です!是非、気軽に参加してくださいね。

実は人生2度目の佐賀なんです。九州内で足を踏み入れたことが無い県は大分、熊本(通過しただけ)、鹿児島です。いつか遊びにいきたいものです。

佐賀で何したかって?それは今度聞いてください。結構めちゃくちゃでした。

STEP2CS合格体験記続き

ではSTEP2CS合格体験記の続きです。今回はかなり大事なことを書いていきますね。「メンタル面」での合格の秘訣といっても過言ではない。

前回の記事はこちらから。

CSの合格発表は他のSTEP1やSTEP2CKとは異なり発表日が事前に決まっています。一定の期間内で受けた人は決まった期日に合格が発表されます。それはホームページで確認できます。僕の場合は2015年4月29日でした。

マニュアル作成しながら待つ・・・

マニュアルを作りながらその時を待ち続けました。合格するとも分からないのに。マニュアルを作るという行為は合格するということを前提とした行為です。もし皆さんが何か願い事を持ち日々努力しているのならば、皆さんも自分がその願い事が既に叶っているかのように行動をしてみてください。恐らくこれは真理ですが、口から出す言葉が、そしてあなたがする1つ1つの行動の全てが未来を引き寄せるのだと思っています。

僕はSTEP1を受ける前の一年間、人がいないところで「STEP1で99取れました感謝します。」と言い続けそれを可能にし、STEP2CSの時も同じように合格を口にし、そして合格することを前提にマニュアルを書き続けました。不合格ならそれを世に出すこともできないのに。

このマニュアルを最初に作成したのでもう3年も前になりますが、今でもこれは真実だと思っています。もちろん科学的な根拠はありませんが、言葉で夢が叶うなら儲けもんです。ただです。

これまでに様々な優秀な方々と会ってきましたが、その中でも特に印象的だった人がいます。彼は秋田大学の学生でした。

彼は、

「くだらない勉強に時間を割きたくないから全て一度で覚えるようにしている。頭のどこかで人は忘れるものだいう思いがあるから忘れることはあるけど、限りなくそれに近づいている。」

と言い放ち、CBTで95%を取りながら趣味のサイクリングに明け暮れる生活をすることで上記の発言を体現していました。これをきっかけに僕は「99をとる」という目標を実際に口にするようにしたのです。

最近になり幸福なことに人から頼られることや、相談されることが多くなりました。部活の同窓会で会う山形大学の後輩の一部に「神だ。」「天才だ。」なんて滅相もない言葉で形容されることがありますが自分が特別な人間だとはとても思えません。暗記しようとしてもすぐに忘れるし、CSもギリギリ合格だし、勉強しようと思っていたらいつの間にか携帯ゲームに手が出てしまいます。でもゲームにだって本気を出します。ツムツムの最高点は1億1000万点で、パズドラはランク1000を超えてますし、ポケモンgoはフルコンプしています。

いずれゲームの話題だけの記事も書きます。ゲーマーをなめてもらっては困るというどうでもいい記事です。笑

自分が口にしたもの1つ1つに出会う

話を戻しますと、つまり才能があったから合格できたとは思えないのです。天才であればこんなに準備しませんし、試験官の言っていることが分からないなんてことは考えられません。でも、もし自分を成功者として、その成功の理由を後付けするのであれば、それは「この世の摂理」みたいなものを少しだけ知っている(気になっている)からかもしれません。

「あなた自分が口にしたもの1つ1つに出会う」

これはあるフランスの小説家の言葉です。これは真理だと思います。合格したいのなら、「合格した」または「合格しました」と言い切ってください。「合格したい」ではいけません。それを発すると、未来にまた「合格したい」と思ってしまうような事象を引き寄せるからです。だから「合格しました」と既に合格した気持ちになって言い切る必要があります。人の気持ちは簡単には変わりません。ですが、言葉は簡単に変えることができます。言葉に気持ちを込める必要はありません。ただ発しているうちに気持ちに変化が出てくるのです。

良いことがあったら「感謝します」、嫌なことがあっても「ありがとう」、そしていつでも「ついてる」です。この魔法の言葉で人生は大きく変わるはずです。

聖書にもこう書かれています。

「はじめに言葉ありき、言葉は神とともにあり、言葉は神なりき。」

別に僕はキリスト教徒でも何でもありませんが、やはり世界で一番読まれている本にはそれなりの理由があるものだと思います。初めに変えるべきは気持ちではなく言葉なのだと、そう教えてくれています。

僕は基本的にとても素直です。何故なら失敗経験が多く、自分が完璧でないことを知っているからです。だから人に言われたことや、本に書いてあることは取りあえずバカになって試してみます。そんな経験から色々な気づきを得ました。自分の過去を振り返って、その成功の理由を探してみてもそれくらいしか思い当らないのです。

みなさん知らず知らずの内にネガティブな言葉を発していませんか?

学生の皆さん、いつの間にか国家試験が不安になってそっちの勉強ばかりをしていませんか?

皆さんが本当に心から望んでいることを今あなたはしていますか?

もう一度自分に問いかけてみてください。

世の中って不思議なことばかりで分からないことばかりですよ。いかに科学が進んだとしても分からないことはたくさんあるでしょう。であれば、素直になって人から聞いたことは試してみればいいと思います。しないでいるより、して失敗したほうがよほど学ぶことがありますよ。

具体的に言えば、USMLEを受験して不合格になったとしても、普通に国家試験の勉強をしている人よりは何倍も医学知識ついていると思います。

さてさて、長い物語もいよいよ終幕が近づいてきました。結果やいかに。

しーや。次の記事はこちらから。

コメント

  1. […] さてさて、結果を開くことにしましょうか。前回の記事はこちらから。 […]

  2. […] 楽しみにお待ちを。しーや。 次の記事はこちらから。 […]

タイトルとURLをコピーしました