USMLE概要⑨:2023年問題について *2020年加筆・修正

USMLE概要

2023年問題

ハイ!ナイストゥミーチュ!Dr.瀬嵜です。2023年問題の最新情報を得たので情報を更新します。過去記事に加筆修正する形で進めていきます。

以前に2023年問題に関する質問が来たのでそれを再度紹介します。

質問内容

質問者は匿名希望さん。以下原文。

Q-AssistのUSMLEの動画を見させて頂き、どうしてもお聞きしたいことがありメールさせて頂きました。
動画にて2023年問題についてお話されていました。
私は最近USMLEに興味を持ち、受けてみたいと思ったのですが、
現在5年生(旧カリキュラムで50週の実習)でかつあまり英語が得意ではないため
2023年までにUSMLEの試験を合格できそうにないと感じております。
調べたところによりますと、Step1合格後7年間有効期限というものがあるようなのですが、これは2023年以降も有効期限内であれば他の試験(Step2以降)を受けられ資格を取得できるのでしょうか。
それが不可能だとすると今から対策を行えば2023年までに合格することは可能なものなのでしょうか。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、お答えいただけると幸いです。
お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。」

ふむ。回答していきましょう。

 

スポンサーリンク

2023年問題に関して

質問者様は2023年問題と7年ルールで混乱されているようだ。

*2023年問題について

みなさんはECFMGの2023年問題について聞いたことがありますか。恐らく皆さんの大学でも徐々に実習期間が長期化し、それに伴い座学期間が短くなりタイトなスケジュールになってきているものと思います。それは大学がただ学生をいじめようとしているわけではなくこの2023年問題が関係しているのです。

実習期間の長期化は2023年問題に関係している。

それはECFMGが2023年以降に医学部を卒業するUSMLE受験生はある一定の基準を満たした大学を卒業していなければ受験資格を得ることができなくなるというものです。2020年現在では、日本のどの医学部を卒業または所属していても自動的にUSMLEの受験資格を得ることができますが2023年以降では基準を満たした医学部を卒業した者しか受験資格を得ることができません。

2023年以降はECFMGが認可した医学部を卒業しないとUSMLEを受験できない

ECFMGが世界の医学部に課している基準の1つが「実習時間が72週以上であること」なのです。この基準を満たすためには従来の実習期間をかなり延長する必要があります。ただやみくもに長期化することに意味はありませんし、延長した以上はそれが充実するように各大学が努力する必要がありますが、この延長傾向にはこのようなバックグラウンドがあることを知っていただき、かつ日本の医学部教育がUSMLEの影響を受けているということを理解して頂けたらと思います。

7年ルール

また7年ルールに関しては以下の記事を参考にして下さい。

USMLE概要⑩~7年ルールの本質とは~
ハイ!ナイストゥミーチュ!セザキングカフェです。カフェ? 講演会の予定が続々と立ってきておりますのでまた随時お知らせしていきます。 一応現時点で確定...

 

2020年2月追記事項

徐々に情報が更新されているのでここで追記しておきます。

・2023年以降はECFMG Certificateをアプライする時点で在籍する医学部がJACMEに認可されていないと受験資格が無い
・2023年より前にECFMG Certificateをアプライしておけば2023年以降もUSMLE受験は可能
・既にECFMG Certificateを取得している人には影響は無い

ざっくり言うと、このような発表がありました。「2023年前にアプライしておけばOK」というのは結構いい情報なんじゃないかと思います。とはいえ、認可は7年毎に行われるので実際には「2030年まで」となります。なんとなく、「ECFMG Certificate feeの145ドルを払ってほしい」だけなんじゃないかと邪推してますが・・・。

スポンサーリンク

東京医大認定取り消し問題

さて、2023年問題に関連して「東京医大の不正入試問題」についてもお話します。

さて東京医大認定取り消し問題」とはいかなるものなのか?

以前にあるニュースが報道されました。東京医大認定取り消しというものでした。しかし、この文章だけでは全体像が全く見えてきません。そこで僕が知る限りの情報を基に現状を分かりやすく説明してみようと思います。

まずは上記の文章をより詳細なものしてみましょうか。

「東京医大は2017年4月にJACMEに国際基準を満たす教育機関として認定されたが、今回の不正入試問題が原因でその認定は取り消しになった」

ということになります。

復習ですが2023年以降は世界医学教育連盟(WFME)が認定して教育機関でなければECFMGを取得できない(=そのために必要なUSMLEを受験できない)ということが決まっております。

 

*ECFMG:アメリカ国外の医学部を卒業した者がアメリカで医師として働く場合にそれを認可する機関。USMLE STEP1,2CK,2CSに合格すると自動的にECFMG Certificateが発行されるが、医師免許とは異なる。またアメリカ人でもアメリカ国外の医学部を卒業した場合にはECFMGに認可を受ける必要がある。

この日本の医学部の認可はWFMEが直接認可を下すのではなく、WFMEは日本医学教育評価機構(JACME)にその認可を委託し、JACMEが直接医学部を評価しています。

例えば実習期間72週以上などが認可条件となっておりますが、結局言いたいことは「ちゃんとした医学教育やっとりまっか?」ということです。

だから「不正入試をしている医学部=ちゃんとした教育してないっしょ」という判断をされ、認定が取り消しになったということでしょう。では「USMLEを受験できないのか」と問われれば、答えはイエスでもあり、ノーでもあります。

上記したように2023年までにECFMG Certificatをアプライしてしまえば2023年以降もUSMLEの受験は可能です。また、一旦取得したECFMGは失効しません。そのため、2023年よりも前にECFMG Certificateをアプライしてしまえば東京医大の学生・卒業生も問題なくUSMLE受験が可能です。しかし、2023年以降にも東京医大生がUSMLEを受験できるようになるためにはJACMEの再認定を受ける必要があります。現在JACMEは全国の医学部の評価をしている最中です。再認定される可能性は高いと思いますが、その時期に関しては不明です。

まとめると、

「将来臨床留学する可能性がゼロではないのであれば2023年より前にECFMG Certificateをアプライしておいたほうが良い」

ということになります。

なんだか、ツギハギな感じの少し読みにくい記事になってしまいましたが上記の情報を参考にしてもらえたらと思います!では、しーや。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました