「セザ本」絶賛発売中!Amazon国家試験カテゴリーでベストセラー1位!

セザ本

「セザ本」絶賛発売中!

ハイ!ナイストゥミーチュー!セザキングです。
僕の処女作「Dr.セザキング直伝!最強の医学英語学習メソッド(通称:セザ本)」が4月13日発売となりました!

Amazon等で購入可能です。ちなみに、医師国家試験カテゴリーではベストセラー1位もなりました!なんと医学書全体でも最高14位まで達成しました。

好評のため、時にAmazonで在庫切れになることがありますが、紀伊国屋書店ではまだ在庫があるようなのでこちらからもお買い求め頂けます。その他、横断的に書籍を検索できるサイトがあるので紹介しておきますね。

Dr.セザキング直伝!最強の医学英語学習メソッド - Web動画付
1927年創業で全国主要都市や海外に店舗を展開する紀伊國屋書店のサイト。ウェブストアでは本や雑誌や電子書籍を1,000万件以上の商品データベースから探して購入でき、3,000円以上のお買い上げで送料無料となります。図書カードNEXTも利用できます。
Dr.セザキング直伝! 最強の医学英語学習メソッド[Web動画付] - 書籍横断検索システム
Dr.セザキング直伝! 最強の医学英語学習メソッド(ISBN:9784260041744)の価格・在庫情報の横断検索ページ
スポンサーリンク

簡単な内容紹介

具体的な内容はAmazonの「説明」の部分を参照してもらえればと思いますが、ここで再度抜粋して紹介させて下さい。

本書には,高校時代にトラウマを抱えるほど英語が苦手だった著者・Dr.セザキングが,アメリカの医師国家試験(USMLE)に合格,しかも最初の難関であるSTEP1に「最高スコア合格」で,日本人にとって最難関とされるSTEP2CSに「一発合格」を成し遂げた,医学英語の『最強の勉強方法』,さらには『夢を叶えるためのコツ』が凝縮されています。
第1章では,著者のこれまでの英語遍歴を開陳し,もともと「ポンコツ」(自称)だった著者がなぜUSMLEに合格できたのかを解き明かします。今は英語を苦手としている方も,ぜひこの項目を読むことで医学英語を学ぶ「勇気」を持ってください。
第2章では,英語を学ぶ前に「(セザキング式)正しい日本語」の重要性についての話題です。USMLEコンサルタントとして数多の相談を受けてきた著者だからこそわかる,正しい日本語を使うことの大切さをお伝えします。
第3章では,いよいよ本題に入り,英語の勉強方法の解説です。そもそも受験勉強をがんばったのになぜ英語が喋れないのか?そして,勉強方法はどうすればよいのか?著者の経験をもとに説明します。
第4章では,少し角度を変えて,医学英文読解にトライしていただきます。医学英語を学びながら,効率的に医学英文読解をする方法をお伝えします。実は最近,医師国家試験でも英語の長文問題が増加しているので,医学生の皆さんも「自分には関係ない!」と言わず,ぜひご覧ください。
第5章では,「USMLEこそ最高の医学英語学習ツールである」という著者の持論をもとに,USMLEコンサルタントとして培ってきた知識をお伝えします。USMLEは臨床留学をしたい人だけのものではなく,単純に医学英語を学びたい人にとっても最高の医学英語学習ツールになりえます。★購入者限定「英語診察フレーズ」Web動画付!
第6章ではUSMLEの各STEPの合格の極意を伝授します。日本人が苦手とするSTEP2CSの対策は特に詳しく,さらに目からウロコな「セザキング式スペシャル解法」を,STEP2CK形式の問題を用いて紹介しています。
さらに,参考書や塾のお役立ち一覧表USMLE受験モデルスケジュールなどを付録として収載しているので,ぜひ医学英語の勉強にご活用ください。

また、購入者限定のセミナーも予定していますのでお楽しみください!

ターゲット層

そして本書は以下のような方にオススメです!

●「医学英単語が覚えられない!」「英語の教科書の中身が全く頭に入ってこない!」と嘆く医学英語・初学者の方
●まずはUSMLEの概要をつかみたいという方
●STEP1やSTEP2CKの勉強が思うようにはかどらない方
●日本人が特に苦手とするSTEP2CSの対策方法にお悩みの方
●STEP3の内容をつかみかねている方
●一人でUSMLEの勉強を孤独に続けていくのはしんどい……という方

読者へのメッセージと僕の思い

「USMLEの本」と聞くととても門戸が狭いような印象を受けるかもしれません。しかし、本書は「医師・医学生であれば誰にとっても」必要な「医学英語のバイブル」になることを目指しております。

日本の医師国家試験で英語の長文問題の出題が増えていることからも分かるように、医学英語は医師の「必須スキル」になりつつあります。新しい知見を得ようとする時、その情報の殆どは英語で書かれています。つまり、医学英語が読めないと最新の情報を得ることが出来ないと言えます。

しかし、大学の医学英語の授業は医学英語をマスターするために十分なものではないため、医学英語の重要性を理解していたとしても、どのように勉強していいか分からなかった人が多いのではないでしょうか。

そこで本書は「USMLE受験の手引き」であるのはもちろんのこと、「医学英語の初心者にとっての勉強指針」でもありたいと思っています。いつか、医学生誰もが一度は手に取るような「バイブル=教科書」を目指していきます。

医学書としては完璧に異質な「セザ本」をご堪能下さい。きっと何か心に残ることがあるはずです。興味のある方は是非手に取ってくださいね。では、しーや。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました