STEP2CK対策⑦~模試等の紹介~

STEP2CK対策
スポンサーリンク

STEP2CKの模試の紹介

こんちゃ!Dr.瀬嵜です。今日は別バージョンの挨拶にしてみました。

少しでも進めていきますよー。気付いたら1日が終わりそうです。

前回の記事では教材の紹介をしましたが、今回は模試等の紹介をしていきます。

といっても、STEP1で紹介したものと殆ど変わらないので短めの記事になっております。

では!

◎模試

STEP2CKでもSTEP1と同様に模試は2種類で、NBMEとU WORLDです。しかし用意されている模試の種類は非常に少なく、NBMEは4種類、U WORLDは1種類程度(時期によって変化します。)です。

NBMEは本番の成績と良く相関するという人がいますが、結局はそれも一個人の意見であり、相関しない人もたくさんいます。個人的にはSTEP1ほどの相関性は無いと思っています。僕に至っては直前に受けた模試と本番のスコアは30以上乖離していました。いずれにせよ最低でも2回は模試を受験しておくことをお勧めします。

L: NBME(http://www.nbme.org/)

NBMEは本番に出題される問題を提供している機関です。このNBMEが自ら模試を提供してくれています。これらは本番の問題傾向に対応して新たに作られていきます。基本的にはSTEP1と同様の説明になります。

NBMEでは払う料金によってサービスが異なります。$50払う(Normal)と結果のみが表示されるだけですが、$60払う(Expanded Feedback)と間違えた問題が表示されるようになります。非常に残念ながら解説はありません。ネットの掲示板で議論されていることはありますが、正確性に欠けます。

➡解説がないので非常に復習しずらいですが、もししっかり間違えた問題を検討したいのであればやはり複数人で受験して、お互いに間違えた問題を検討し合うのがいいかと思います。模試の予想スコアは低めに出る傾向があるように思います。

NBMEはUSMLEの本番の問題を提供する機関

M: U WORLD self assessment(UWSA)

もう一つの模試です。STEP2CKではUWSAは1種類のみです。非常に質は高いと思いますが、予想スコアの正確性は人によって意見の分かれるところなので、問題集の延長と思ってやったほうがいいでしょう。

➡特にコメントはありません。これは問題集の延長だと思ってもらうのがいいかと思います。UWORLDの問題はどれも質が高いので問題集+模試の問題を完璧に理解しましょう!

◎ サンプル問題
N: Free USMLE Practice Test

最後にサンプルテストの紹介をします。USMLE(http://www.usmle.org/)では、毎年リリースされるサンプル問題を無料で提供しています。これもNBMEが提供している問題であり、本番で同じ問題が出題されることが多々ありますので直前に必ずやってください。

サンプルとは言いますが本番より大分簡単な気がします。これには解答は付いていますが、解説は付いていません。また、このサンプル問題には他に、本番と全く同じチュートリアルが付いてきています。本番ではチュートリアルのために15分時間が設けられていますが、これを読まずに飛ばすことでその15分が、休憩時間の45分に足されて休憩時間が60分になります。

本番のチュートリアルは、サンプル問題に付いてくるチュートリアルと全く同じものなので、事前にチュートリアルを見ておきましょう。そして、本番ではチュートリアルが読み飛ばして休憩時間を60分確保しましょう。

➡嘘のように聞こえるかもしれませんが、本番でチュートリアルを見てしまう方がいます。STEP2CKは本当に時間との闘いなので絶対にチュートリアルは一瞬で飛ばすようにしましょう。

本番前にチュートリアルをHP上で確認し当日は読み飛ばして休憩時間を確保しよう

これでSTEP2CKの教材と模試の紹介は終了です。

次回の記事からは僕のSTEP2CK合格体験記に移行していきますね!

では今回は軽めにしておきまっす!しーや!

コメント

  1. […] 次回は模試などの紹介をしていきますね!しーや! […]